京都・寺社

Thumbnail of post image 147

嵐電・太秦広隆寺駅のホームに降り立つと、目の前には廣隆寺の楼門が見える。聖徳太子建立の日本七大寺の一つで、推古天皇11年(603)創建の古刹だが、意外に観光客は少ない。

楼門を入るとまず正面に見えるのが、重要文化財の講堂。 ...

京都・寺社

Thumbnail of post image 032

6月10日(月)、伏見稲荷大社では、五穀豊穰を祈願する「田植祭」が行われた。しばらく途絶えていた神事を、1930年(昭和5年)に、昭和天皇即位記念事業の一つとして再興したものらしい。
午後1時より、本殿で祝詞の奏上や神楽女(か ...

京都・寺社

Thumbnail of post image 145

4月下旬。そろそろ京の街中では桜の季節も終わろうとしているが、大原の里はまだまだ桜模様。菜の花やれんぎょうの黄色、そして桜の淡い桃色が、木々の緑に映えるのどかな山里の道を寂光院まで辿る。

寂光院は天台宗の尼寺で、

京都・寺社

Thumbnail of post image 146

梅花祭も過ぎた3月半ばの”天神さん”の梅苑。桜に比べて開花期間が長い梅は、まだまだ見頃。
祭神である菅原道真がこよなく愛でた梅が、今を盛りとばかりに競うように咲き誇っている。拝観の栞によれば、約50種、1500本の梅の木がある ...

京都・寺社

Thumbnail of post image 096

3月15日、嵯峨野の清凉寺(嵯峨釈迦堂)では、涅槃会・お松明式が行われた。「お松明式」は京の三大火祭りの一つとして、京都市無形民俗文化財にも登録されている行事で、一度見てみたいと思っていた。
午前11時から本堂前の境内では、高 ...